福助製菓のゴールドチョコレート(1箱45個)を子供がもらってきた

日常のつぶやき

こんにちは、たいべ~です!

先日、娘A子が叔母(たいべ~の姉ちゃん)のところに遊びに行った時に、

「お菓子いっぱい買ってもらったぁ」

って、ちょっと買ってもらいすぎちゃう…ってぐらい袋いっぱいのお菓子を持って帰ってきてんけど、その中に、

っえ、何コレ、大人買い好っきゃな~、それ子どもに買ったる…

っていうのがあって、それが駄菓子屋とかによく売っている“ゴールドチョコレート”、しかも箱買いで。

でも、たいべ~もこういう好きなのでちょっとテンション上がっちゃいました(^0^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必ず当たる金券付きの”ゴールドチョコレート”

福助 ゴールドチョコレート

大阪の福助製菓(株)(玩具菓子・業務用チョコレート製造)ってところの商品で、駄菓子屋などで売っている当たり付きのチョコレートですね。

たいべ~は、見たあるような気はするけど「こんなん子供の時に駄菓子にあったかなぁ?」って感じやけど、子ども達は、

「お菓子屋やコンビニに普通に売ってるで、たまに買うで~」

って感じのけっこう子ども達にはベタ(人気)なお菓子(駄菓子)らしいです。

ゴールドチョコレート はずれなし福助 ゴールドチョコレート

特徴としては、そのまんま「必ず当たる(金券付き)」「見た目」です。

金の延べ棒をモチーフとしたキラキラな箱と必ず金券が当たるといった、子ども達が買いたくなるようなイメージのチョコレートのお菓子やね。

駄菓子屋などで売っている価格は1個50円で、10円~100円(金券)の当たり付きで必ず10円は当たるようになってます。

たいべ~も子ども達と駄菓子屋に行って見つけたら見た目だけで何となく買ってしまうかな(^^;)

チョコレート自体は、昔の洗濯板のような形で、味はとくに説明することもなく駄菓子屋に売っている安いチョコレートの味ですね。

商品内容(ネット調べ)
商品名ゴールドチョコレート
メーカー福助製菓
入数(1箱)45個入り
希望小売価格1500円(税別)
当たりの数100円 1枚・30円 1枚・20円 3枚・10円 40枚
1個の価格50円(駄菓子屋・販売店で異なる?)
原材料砂糖、植物油脂、全粉乳、ココア、カカオマス、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
もちろん箱買いで買った時の金券は知らん顔してお店に「当たり~」って持っていったらダメですよ(^^;)

とりあえず食べてみた

福助 ゴールドチョコレート

やっぱり、箱買いをした時の楽しみは箱(ケース)をパカっと開けた時の

「お~、いっぱい入ってるね~」

って「何の満足感やねん」っていう小さな感動ですよね(^^;)

とりあえず、箱買いしたんで、これはやっとかなアカンでしょ!

福助 ゴールドチョコレート

ん~、いい眺めだぁ、写真撮ってLINEしとこ~(^0^)

これで、たいべ~は満足です。子ども達、あとは好きに遊んで食べておくれ。

たぶん味は、駄菓子屋で売っている安いチョコレートの味と同じやろ~なぁって思ったけど、とりあえず1個食べてみよ。

はい、想像通りの味やね、昔からある味。ま~これはこれで美味しいけど。

UFOキャッチャーによくある“コインチョコレート”みたいな感じの味やね。

ただ、これ裏の紙(当たり額が書いてある面)を剝がすのがけっこう面倒くさくてキレイに剥がれないです。

ゴールドチョコレート 金券

当たりの額が分かるようにはがさないとアカンけど、普通に剝がしてしていくとビリって破れてしまうので、そ~っと剝がしていかなアカンのがイラってするね。

ま~、どっちみち箱買いしているから店に当たりの紙(金券)を持っていったらアカンねんけど、たいべ~も子ども達も気持ち的にキレイに剝がしたい(^^;)

たぶん、子ども達はコレ買った時、駄菓子屋の前で当たりの額よりもこの裏の紙をキレイに剝がせた事に喜びを感じるんやろなぁ。

箱買い(大人買い)は楽しいね!

子ども達と駄菓子屋に行って、ちょこちょこ好きな駄菓子を買うのも楽しいけど、箱買いも「大人の買い方じゃ!」って感じで楽しいです。

また、ちょっと買ってみたいかなぁ。

ただ、この「ゴールドチョコレート」の箱売りって、あんまり“ディスカウントショップ”“ドンキーホーテ”とかお菓子の箱売りをしている店でも見かけないですね。

今回のコレは、個人でも入れる問屋(会員制)で買ったみたいやけど、けっこう普通には売ってないんか?

ってことで、ちょこっとネットで調べてたら、ネットショップで普通に売ってるね。

売れている「ゴールドチョコレート」をネットで調べてみる!

1個しかない100円の当たりは誰が…

はじめのうちは、子ども達が1日に1個とか2個食べてて、1個しか無い”100円の当たり”を当てるべく食べてけど徐々に食べなくなってきた。

ま~でも、1箱(45個入り)は、ほったらかしにならず3週間ぐらいで無くなったかなぁ。

結局、子ども達は幻の“100円の当たり”を引くことはなかったけど、

「あれ…100円の当たりって誰が引いたん???」

ってなって、よ~く考えたら、とうちゃんがお腹空いた時にちょこっと食べてた中にあったよう無かったような…

それって「100円当たったで~!」って見せなアカンやつやった(-0-;)、父ちゃんとして当てたらアカンかった?

だって、キレイに剝がすのも面倒くさいからベリって破ってまうし、紙にチョコのカスが付いてて汚いからすぐホカすやん(^^;)

ま~あんまり怒らんといて… また機会があったら買ったるやん(忘れると思うけど)

って、ちょっと子ども達に怒られた話でした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のつぶやき
たいべ~をフォローする
ポケットの隅までネタまみれ